【どこで節約したらいいの?】おしゃれと貯金の両方を楽しむ節約術!

女性はファッションやメイクなどお金がかかることがたくさん。おしゃれにお金をかけすぎて、将来のための貯金ができていないなんてことはありませんか?おしゃれも大事ですが、将来の貯金も大事です。今回は、『おしゃれと貯金の両方を楽しめる節約術』をご紹介します!

おしゃれにお金をかけすぎて貯金ができない……。

女性は、ファッション、メイク、美容院……というように、お金をかけなければならないところがたくさん……。

おしゃれにお金をかけすぎて、将来の貯金がおろそかになっていませんか?

なかなか貯金ができないOLさんに朗報です!
おしゃれも貯金も満足できるお金の活用術をご紹介します!

ちょっと一手間かけてできる節約術

お弁当を作る

忙しくて時間がないOLさん。
でも、いつもと同じようにファッション代やコスメ代をかけたいなら、食費を絞るしかありません。

外食を控えてお弁当に変えると、月に1万円くらいは貯金にまわせるはずです。

家計簿をつける

自分のお財布にどれくらい入ったのか、また自分のお財布からどのくらい出て行ったのか、現状を把握するには家計簿がおすすめ。

家計簿つけていると、自分がどこで浪費しているのかがすぐ分かり、今後の節約につながります。

光熱費はクレカ払いで!

電気やガス、水道料金などは、クレカ決済にしておくのがオススメ。

クレカ決済にしておくと、ポイントやマイルが貯まるので貯まったポイントで自分へのご褒美を買うと効率的ですね!

電気を時間帯割引にする!

電力会社には『時間帯割引』という契約があります。
学生や社会人をしていると、昼間の電気ってあまり使いませんよね?

その場合、『昼間の電気代が高く夜間の電気代が安いプラン』に変更すると、かなりの電気代を節約できます。

プチプラを最大限に利用して節約おしゃれコーデ

コスメをプチプラに変える

ベースメイクは、少し高くて良質なものを使ったほうが良いですが、マスカラやアイシャドウなどはプチプラでも良いものが多いです。

ブランド品はたしかに良いですが、コスパを考慮して、上手なお買い物を心がけましょう。

ファッションでも上手くプチプラを取り入れて!

ファッションでもメイクと同じように上手くプチプラブランドを活用するのがポイント!

コートやバック、靴など、ワンポイントとなるものは、ブランド品など少し良いものをおすすめしますが、その他のコーデはプチプラブランドでも上品なコーデにするのは可能です。

ZARAやユニクロなどを上手く活用して節約しながらおしゃれを楽しみましょう。

おすすめのプチプラブランド!メイク編

BBクリーム

薬用BBミネラルジェル

エテュセ
¥1,944(税込)

SPF25 PA+++
これ1本でベースメイクは完成!
化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、すべての役割を果たしてくれます。
洗顔料でオフでき、肌にもやさしいのでおすすめです!

ファンデーション

BBミネラルパウダー

エテュセ
¥1,944(税込)

SPF16 PA++
BBクリームだけでは不安な人は、上のBBクリームの上にこれを重ねると◎
このミネラルパウダーも洗顔料でオフできるので、お肌にやさしく、おすすめです!

チーク

リシェ リップ&チーク クリーム

ヴィセ
¥1,000円前後(小売店によって異なります)

チークにもリップにも使えるクリームカラーです。
チークとしては程よいツヤ感、リップに使うとハーフマットな感じに仕上がります。
一品で二役こなしてくれるので、おすすめです!

アイシャドウ

ツーカラー アイシャドウ

セザンヌ
¥380(税抜)

ラメなしのブラウンアイシャドウ。
主張が強すぎないけど、しっかり目力をアピールしてくれます。

プチプラなのに、着け心地がよく、コスパ最高のアイシャドウです!

ラメ入りも展開されていますが、そちらは発色が良く、クオリティーはハイブランド並みです!

おすすめのプチプラブランド!ファッション編

ウルトラストレッチジーンズ

UNIQLO
¥3,990(税別)

はき心地抜群のジーンズ。
ラインも良く、履いているだけでスタイルが良く見えます。

色のバリエーションも豊富なので、あなた好みの色が見つかるはず。

リネンタッセルトップス

ZARA
¥5,900(税別)

活用の幅が広いネイビーは1着持っておくと便利です。
カットも、今年流行りのオフショルダーなので、トレンドもおさえていておすすめです!

お金をかけなくてもおしゃれはできます!

お金を出して良いものを買うのは簡単ですが、コスパの良い商品を見つけるのは難しいもの……。

でも、そのコスパの良いプチプラ商品を見つけることこそが節約につながります!

自分のおしゃれに上手くプチプラをなじませて節約上手なおしゃれ女子を目指してみてはいかがでしょうか?